大切にしたいこと

大切にしたいのは、「自分らしさ」、それぞれの「家族らしさ」。そして、nichi-nichi-kaで求めているのは、内側からあふれ出るような「らしさ」。ファッションに例えると、高価なブランドの服やバックで着飾る「らしさ」ではなく、リーズナブルなものでもその人らしい着こなしをしていれば、ずっと素敵に感じます。初めは少しずつ、気に入ったものから取入れてもいいと思います。でも、自分は何が好きでどうしたいのか、自分で考え、家族と話すことで、いずれ自分の中から本当の「らしさ」があふれでてくる時がくるでしょう。そうなったら心から楽しいし、素敵な暮らしを実現できるに違いありません。
アフターコロナの住まい造りは、「6つの言葉を大切に」自分らしい暮らし方を求めていきましょう。

しつら‐える
しつらへる 【設える】

用に備えて(きちんと、または美しく)設け整える。
整え、飾りつける。

一輪の花で、暮しは豊かになります。大切なのは、そこに込めた思いです。日々の暮らしの中で積み重ねるしつらえが、自分らしさを育てます。

ととの‐える
ととのへる 【整える・調える】

めざす状態に全体をよくまとめ上げる。
きちんとした形にする。調整する。

見えないように隠したり、捨てることが整理することではなく、自分たちが心地よいように整えていくこと。それが自分たちが落ち着く空間、自分らしい空間につながります。

うつろ-い を感じる
うつろひ【移ろい】

移り変わること。「光の移ろい」「四季の移ろい」


日の入り方や色合い、自然の風の流れを感じる暮らし。季節や時間の変化を五感を使って日々感じながら、自分らしい過ごし方を見つけましょう。

ひらめ‐く
【閃く】

一瞬するどく光る。きらめく。考えや思いが瞬間的に思い浮かぶ。

ここはこうしてみたらもっと素敵になるかな、もっと使い易くなるかな、日々の暮らしの中で見つけるひらめきは、自分らしさの源です。

けはい を感じる
けはひ 【気配】

何となく感じられる様子。けわい。


例えば、吹抜けごしにお互いの気配を感じられる。いつも一緒でなくてもいいけれど、家族の気配を感じて、一つ屋根の下で暮らすことの喜びを味わってください。

つくろ‐う
つくろふ 【繕う】

破れたり、壊れたりしたところを直す。 整えよそおう。

古くなったり故障したらすぐに新しいものに変えるのではなく、自分で直して使い続けるという選択肢も。大好きなものを大切にすることの積み重ねは、日々のくらしを大好きなものに。

ecology & SDGs

長寿命で次の世代の資産となる魅力的な住宅を造っていくことは、将来の住宅コストを減らし、社会や働き方も変わります。また、地産地消の家づくりは地域の自然環境や経済を「守る」ことにもつながります。
そんな未来の種を、楽しくワクワクするnichi-nichiと共に、みなさんに育ててもらいたいと思います。

nichi-nichi-kaは、神奈川エコハウス㈱ が運営する住宅ブランドです。
ご相談は、お電話、Eメール、弊社コンセプトハウスにて随時受け付けております。
アースファクトリー事業部 高橋・井上まで、お気軽にお問い合わせください。

住所:神奈川県藤沢市辻堂太平台2-11-5
電話:0466-33-5311 FAX:0466-33-5729